スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレッポのイラク人

今まさに虐殺の起きているシリア。40年以上独裁を続けているアサド一族による弾圧です。
本当に悲しいです。

僕の訪れた2年前は、街中いたるところにアサド大統領の肖像画が飾られていました。独裁とは知っていましたが、愛国心の強いシリア人には人気があるものと今回の騒動まで勘違いしていました。恥ずかしい限りです。

これは、北部の街アレッポでの2年前の出来事です。


---------------------------------------------------------------

IMG_8586.jpg



カラッとした中東特有の暑さの日だった。

シリアの古都アレッポを一日中歩き回り、僕は馴染みの水タバコ屋で疲れた体を休めた。大きく息を吸い込み、その日ためた疲れともどもお腹から息を吐き出す。
店内は男たちの吐く煙で充満している。


「どこから来たんだ」


水タバコを吸うアジア人が珍しいのか、隣の男が話しかけてきた。
豊かなひげを生やし、大きな身体を持った男。中年だと思った男は私より二つ年上の学生だった。イラク人で行政学を学びに留学に来ているという。



IMG_8577.jpg
         <僕の直ぐ右にいる男性が24歳学生です。笑>




しばらく他愛もない話をしていたが、僕はどうしてもあることを聞きたくなった。
こぶしを握り締め、思い切って聞いた。


「戦争はどうだった」


彼の眼が鋭さを増した。
少し間を置いて、彼は口を開いた。


「あの戦争は、俺の国を破壊した。俺はそのことを決して忘れない。」


彼の目は赤くなり、声は少し震えていた。
身体が硬直した。
彼は続けた。


「そういえばあの戦争、日本も参加していたよな。」


返す言葉が無かった。タバコの煙と暑い夜の空気の中、背筋が凍った。

彼は最後にこう言って立ち去った。


「俺はここで行政学を学び、新しい平和な国を創る力になりたいんだ」




戦争が起きた当時、僕は何を考えていただろう。

「何か大きなことが起きた」その程度の事実としてしか認識していなかった。戦争をどこか遠くの出来事と考えていた。日本が関わっているとは考えもしなかった。自分の国のことすら知ろうとしていなかった。日本と向き合っていなかった。


イラク人の彼は少しでも前向きな未来を創ろうと真剣に自分の国と向き合っていた。イラクを生きていた。

今も彼の言葉が頭に残る。

自分の国が、知らぬ間に遠いどこかで暮らす人の暮らしに大きな影響を与えることのある時代だ。
知らぬ間に。

僕も自分の国を知ろう。日本と真剣に向き合っていこう。それは、このグローバルな時代で生きていく責任でもあるはずだ。




IMG_8488.jpg

IMG_8519.jpg

桜はきっとぴんくだぜ

昨日で帰国してから丁度一年が経ちました。

一年が経つと、去年の今頃はあそこにいたなーとか、丁度バカしてた頃だなーとか思えなくなります。
そんなの当然でわざわざ言うなよって感じですが、それが時の流れを感じさせるとともに、一つの区切りのように感じられます。
なのでここでもう一度、あの時、旅が終わった時、自分が何を思っていたのか振り返ろうと思いました。
今は少し立ち止まり、自分を再確認したいのです。

それだけです。



日本は不景気と地震と大津波。でも桜はきっとぴんくだぜ。






2010年03月13日のブログ


標高6088mのワイナポトシ山に登ってきた。



エベレストトレッキングの時の失敗を活かし、水分を一日4リットル以上摂取し高度順応を行う。

その甲斐あって高山病の症状は下山時までほとんど表れなかった。




山頂へのアタックは深夜1時に開始。

プラスチックブーツに大きな爪のアイゼンを装着し、ザイルで身を固定。ピッケルを使いながら一歩ずつ登っていく。



ガイドのミゲルがお前はストロングマンだと言って口笛を吹きながらどんどん進んでいく。

ほとんど休憩らしい休憩を与えてくれない。





月明かりのない星空はあたりを照らすのに十分な力をもつ。

もちろん、そんな星空を楽しむことなく前をすすんでゆく。



やはりペースが速いようだ。

先発した他の隊をどんどん追い越していく。



気づけば先頭を進んでいる。

山頂はまだ遥か彼方。





山頂のことなど考えず、一歩一歩進んでいった。

突如、ミゲルがそこで立ち止まった。

辺りを見ると、ぱっくり口をあけたクレバスが静かに、何かを待ち構えているかのように僕たちを囲んでいる。



もう進めそうなところなんてない。


しかし、ミゲルは進んだ。

その地球の割れ目のようなクレバスを避けて、急な斜面をそれと平行に進む。

斜面の角度は80度くらいに感じる。

体感だからせいぜい角度はその半分くらいだろう。


でも体はそう感じている。




P3121986.jpg




ミゲルは再び立ち止まり今度はその急斜面を真上に登り始める。


反り立つような斜面。

ふぜけんなよ、こんなん無理に決まってんじゃんかよ、と心の中で叫ぶ。



そんな声はもちろん彼には聞こえるはずもなく、早く登れ、とせかしてくる。


ペースを考えろ、と大声で怒鳴った。


登るしかなかった。

右手にピッケルを持ち、手を伸ばしたほどの高さの斜面に刺す。それが固定されたのを確認し、左手で腰に装着したザイルを強く握りながら、右足を上にあげアイゼンの爪を斜面に刺す。次にその右足とピッケルをもつ右手の力を利用して左足をあげアイゼンの爪を斜面に刺す。両足の安定を確認するとピッケルを抜いて、再び同じ動作を行う。


一歩、二歩。体を運ぶだけで相当な体力が失われる。


斜面を登る時の恐怖は今まで感じたことのないものだ。

あたりを恐怖が囲む。

それが今にも襲いかかってくる。

止まると何か大きなもののなかに放り込まれるように感じる。

鳥肌がたった。

命の安全を保障しているザイルなどその際なんの意味も成さない。

できるだけ止まらず、この先の体力など考えずに進んでいく。




IMG_7564.jpg




尾根に出た。

山頂はもうすぐそこだ。


彼方にラパスの街の夜景が見える。

そのオレンジ色の集合体はなんて空虚なんだろう。



そこから疲れなど全く感じることなく、山頂に達することができた。



山頂でのことはあまり覚えていない。

写真を何枚か撮って、他の登頂者と喜びを分かち合った。

その頃はもうあたりは明るくなり始めたんだけど、景色をゆっくりと眺めることはなかったと思う。



山頂に着いて、360度視界がひらけたときだった。

涙が流れ出てきた。


登頂したことに感動して流れてきた涙じゃなかったと思う。



この旅が終わる、これまでやってきたこの旅がなんだかカタチになったような、うれしさ、悲しさ、寂しさ、達成感、希望、なんだか説明できないいろんなものがつまった涙なんだと思う。


今となれば登ったことはなんだか夢みたいで、写真を見れば、やっぱり本当に登ったんだよなって思えるような気がするくらいだ。

山は好きだし、日本に帰っても山登りはしたいと思うけど、もうあんなに高い山、あんなに高い雪山、いろんな道具なしには登れない山にはもう二度と登らないと思う。



自分みたいな素人でも登れるような山で、山に登るなんてそれを達成したという事実以外に何の意味もないんだけれども、終わりよければ全て良しってことなのか、これで日本に帰れる、これから始まるんだってゆう気持ちがどっからかふっとわいてきた。


日本に帰るのがすごく楽しみ、あのでっかいでっかい世界。

結局はそのでっかい世界に小さな一個が何をするかなんだ。

地道に地道に、宇宙よりも大きいかもしれない、鼻くそよりも小さいかもしれないただの一個が。




流されやすくて、他人の目を気にしすぎる、自分に激甘な自分が、口だけパターンに終わらずにいくだろうか。


日本楽しみだ。





IMG_7573.jpg


IMG_7615のコピー


IMG_7621のコピー

小学校のパワー

DSC01956.jpg



先日、小金井市立前原小学校6年生84名の授業一コマを担当させてもらった。


現在前原小の校長をしているのは、僕の小学生のときの担任の先生。
小学校卒業以来、全く連絡を取っていなかったのだけれども、旅中12年ぶりに先生と連絡を取るようになり、帰国後に開催した写真展に足を運んでくださった。

その後、旅の体験を是非子供たちに伝えて欲しい、子供たちに他の国のことを知ってもらいたいと先生に依頼され、未熟ながらもできることがあるならばと、引き受けた。

「子供たちはすごくやさしくて良い子。ただ、ここ数年静かな子が増えるようになった」と話をする前に先生に言われた。

ホールに生徒が集まる。
自分が小学生の時どうだったか覚えていないが、みんなふざけないでしっかり整列する。おとなしいと思った。
アジアかアフリカだったら、騒いで走って収拾がつかない。笑

「よろしくおねがいします」

丁寧にあいさつされて、授業スタート。


かるーく自己紹介と旅の概要を説明する。

みんな僕の目をしっかり見て耳を傾けている。しかし、話していて少し不安になった。話はちゃんと通じているのかな。僕の声が彼らの体をすり抜けている気がした。


でもそんな心配は無用だった。

どっと笑いがおきた。(何個もネタ用意してた)


それからはタカが外れたのか、どんどんみんな前のめりになっていくのがわかった。
「一番楽しかった国はどこですか?」
「一番恐かったときはどこですか?」
「おいしかった料理はなんですか?」
「日本に帰って何を最初に食べましたか?」

質問タイムでは終了時間一杯まで手があがり続けた。


「おとなしい」と始めに感じた子供たちだったけれど、そのカラダの中には、はちきれんばかりの物凄いパワーがあった。そのパワーはアジアやアフリカにも負けない。いや、日本の子供が世界で一番パワーがあるんじゃないかと本気で感じた。みんなすごい。さいごは圧倒されるばかりだった。


だが、今回一番感じたのは、子供以上のパワーを先生たちが持っているということ。
新任の若い先生、中堅の先生、校長先生、それほど話はしていないけれど、皆さん輝いていた。

真っ直ぐであたたかい目をしていた。
やさしいオーラだった。
自分の生き方に誇りを持っていた。
傍から見ているだけで、子供たちのことを真剣に考えているのが伝わってきた。
かっこいいと思った。

自由で無限な子供たちのパワーと、それ以上の輝きを持つ先生たち。
学校ってすごい。

これから自分も何かの形で関わっていきたいと思った。


そんなわけで、学校で働かせてもらうことにした!


DSC01957.jpg

wiz TABIPPO

世界一周団体TABIPPOが【世界一周の夢が実現するコンテスト】を開催するそうです!



世界一周への想いをぶつける!最優秀者には世界一周航空券が贈られる!

そうです!!


-----------------------------------------------------------------------------
以下告知文



~旅へのきっかけをすべての若者へ~

一度は夢見た世界一周。
実現したいと思ったことはありませんか??


勇気がない。
お金がない。
時間がない。
仲間がいない。



いろんな理由で諦めてきた、夢の世界一周が実現します!!

世界一周へのあなたの想い、ぶつけてみませんか?


最優秀者には世界一周航空券が贈られる!



そんなチャンスが、今ここに!!



【世界一周の夢が実現するコンテストwiz TABIPPO】開催!!

wiz TABIPPO公式HP
http://tabippo2011.sakura.ne.jp/



旅への一歩は今、ここから始まっている・・・。
さぁ、共に踏みだしましょう!!


▼コンテストに興味をもった、もしくは参加を迷っている方▼

~wizTABIPPOキックオフイベンント~

■日時:2/13(日) 19:00-21:30
■場所:国立オリンピック記念記念青少年総合センター
■定員:200人

〈内容〉
1, コンテストの説明
2, 有名世界一周大学生 長尾良祐さんのトークライブ
3, 世界一周社会人ゲストによるパネルディスカッション
4, 参加者200人+世界一周経験者20名での交流会

世界一周の魅力発見や、世界一周したい人との出会いがあります。

旅への想いをカタチに、そして行動へ。
そのきっかけをあなたへお届けします☆

2月13日、あなたの「想い」が動き出す!!

スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

※キックオフイベントに参加できない方でも世界一周コンテストの参加は可能です。

↓本件の詳細・お申し込みはこちら↓
公式HP http://tabippo2011.sakura.ne.jp/
お問い合わせ wiztabippo@gmail.com

人生の100のリスト

ルイスにずっとオススメされていた死ぬまでにやりたい「人生の100のリスト」をつくりました。


ルールはルイスと同じ、

1、目標の大小にこだわらない

2、思いついたらとりあえず書く

3、内容はいつでも変更してよい

の3つに、

4、できる限り目標達成期限をつける

というものを加えます。



最高の人生にしてやるぜえええ!!!!


1、人の苦しみがわかる人間になる

2、辛いときこそ笑顔でいられる人間になる

3、周りを笑顔にする人間になる

4、エベレストに登頂する

5、大学卒業前に岩波文庫読破

6、卒業までに自分の納得する小説を書き上げる

7、卒業までに写真集をつくる

8、「殺す側」と「殺される側」の真理を究明する

9、「差別」の真理を究明する

10、日本で雪山にアタックする

11、標高2500m以上の雪山に登って、山頂からスキー滑降する

12、サーフィンをする

13、西田哲学を自分のものにする

14、実存主義を理解して、自分の視点に加える

15、車を買う

16、南の島で3ヶ月以上生活をする

17、アジアに住む

18、ヨーロッパに住む

19、村上龍と対談する

20、ギターで弾き語りライブをして最高にハッピーな空間をつくる

21、抑圧のない自由な世界をつくる

22、人に勇気を与えられる文章を書く

23、来年のゼミを楽しくする

24、ゼミで最高の卒論を書く

25、納得する就職をする

26、相手にプライドを持つのでなく、自分にプライドを持つ

27、銀座で熱燗片手に高級寿司を食べる

28、演劇をやる

29、書道をやる

30、限界を突破する

31、チベットでカイラス巡礼を行う

32、旅でお世話になった人たちに、「ありがとう」をいう旅をする

33、ハネムーンで世界中を旅する

34、キューバで本場のサルサを感じる

35、学校の先生をする

36、死ぬまでサッカーを続ける

37、マラソン完走する

38、目の前のことに全力で取り組む

39、物事を渇望しない、物事に執着しない

40、ダライラマ法王とお話をする

41、卒業までにTOEIC800点取る

42、一人暮らしをする

43、地方に住む

44、自転車で日本一周する

45、トムヨークと語り仲間になる

46、手塚治を読破する

47、自分だけの秘湯をみつける

48、日本の自然の素晴らしさを世界に、日本に伝える

49、瞑想を習慣にする

50、運動を習慣にする

51、日本一旨い酒を飲む

52、自己矛盾を克服する

53、おいしい料理を作れるようになる

54、シェアハウスで暮らす

55、ウィーンフィルでベートーベンを聴く

56、欧州CL決勝を生で観る

57、W杯を現地で見る

58、家庭菜園を行う

59、ゆとり世代代表としてゆとりのあるところを見せる

60、3ヶ国語話せるようになる

61、常識を常に疑う

62、戦場で戦争を体感する

63、アラスカで動物をみる

64、宇宙に行く

65、詩集を出す

66、外国人にやさしくする

67、お年寄りにやさしくする

68、女性にやさしくする

69、自給自足の生活をする

70、親孝行をする

71、おじいちゃん、おばあちゃん孝行をする

72、おじいちゃんのように強く、おばあちゃんのようにやさしく生

きる

73、井上真央とデートする

74、バンジージャンプをする

75、スカイダイビングをする

76、ロックスターになる

77、ドイツでビールを飲む

78、反権力として、個人として生きる

79、大家族になる

80、プータローになる

81、シャンパンファイトをやる

82、ネット上に新たなメディアインフラをつくる

83、バンドを結成して500人ライブをやる

84、雑誌を創刊する

85、猫を飼う

86、パイロットになる

87、感じるままに生きる

88、キース・リチャーズとギターで競演する

89、リアム・ギャラガーに「あいつはすげえよ」と言わせる

90、友達を見捨てない

91、どんな逆境も自分の力で乗り越える

92、国連で演説する

93、すべらない話を習得する

94、大人の女性に人気になる

95、愛する人を幸せにする

96、何事も自分の頭で考える

97、馬に乗って草原を駆ける

98、オーロラを見る

99、本気で生きる

100、上の99個、死ぬまでに絶対やり遂げる


2010.2.4 米村俊亮
プロフィール

ヨネ

Author:ヨネ
一年間アジア、アフリカ、中東、南米など30ヶ国で豪遊。世界一周。 写真展『アップルワールド~真実の眼~』開催。フィリピン、マニラにて生活中。shunsukeyone@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新サッカーニュース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。