スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞「乙女の密告」を読んで

文芸春秋に掲載されている今年の芥川賞受賞作品「乙女の密告」を読んだ。



ストーリーは、京都外国語大に通うみか子が『アンネの日記』をドイツ語で暗誦するスピーチコンテストに向けて苦闘する様子と、誰がアンネを密告したかという謎を差別やアイデンティティなどの問題に触れながら進んでいくというものである。


読んでいて最初に気になった点が一つ。

作者、赤染晶子さんの文体が僕の文体とよく似ている。何を勘違いしているんだと言われそうだが、言わせてもらいたい。
前半の、一文を短く歯切れの良いものとする情景の描写の仕方は非常に似ている。
また、情景描写の後に自分の主張や考えを要所要所に自然な形で挿入する様も似ていると思った。

もちろん僕が良く使いがちなくどくて格好をつけた言い回しなどこの作品には存在しない。


以上、まず言いたかったこと。



芥川賞というのは9人の選考委員の審査によって決定される。

文芸春秋の誌上には作品とともに書く選考委員の書評がそれぞれ長文で掲載されている。
それが、面白い。

なぜならこの作品、かなり評価が割れている。



小川洋子は、「赤染さんは、社会の貼るレッテルに惑わされず、人間の真実を描写できる作家であろう。『アンネの日記』を扱いながら、そこにユーモアを実現した赤染さんに、心からの敬意を表したい。」と絶賛している。

池澤夏樹は、「かくも重い主題をかくも軽い枠に盛り込んだ作者の技量は尋常ではない。(中略)このような力ある知的な作家の登場を喜びたい。」と小川洋子と同じく絶賛している。


一方、

村上龍は、「文章が正確さを書いているためにわかりにくく、誤解を生みやすい。」

宮本輝は、「(ラストのオチに対し)私はその造りが正しいか正しくないかの次元とは別の強い抵抗を感じて受賞に賛同しなかった。」

石原慎太郎は、「所詮ただ技巧的人工的な作品でしかない。こんな作品を読んで一体誰が、己の人生に反映して、いかなる感動を覚えるのだろう。アクチュアルなものなはどこにも無い。日本の現代文学の衰弱を表彰する作品の一つとしか思えない。」とまで批判している。


これだけの大作家たちでも、一つの小説に対してこれだけ意見が割れる。これほど面白いことはない。

是非、読んでみてこの作品がどんなものか考えてもらいたい。



ちなみに、僕は赤染さんという作家は大変力のある作家だと思った。これだけのテーマをこの分量で仕上げるのに並大抵の筆力、構成力ではできない。これがあればこれからも良作を生み出していくのは間違いないと思う。

また、ストーリーも面白く、テンポ良く進んでいき非常に読みやすかった。男性の知らない乙女たちを捉えた様も興味深かった。そして、何より登場する人物誰もが魅力的だ。これだけ魅力的な登場人物がいれば小説はおのずと読者の心を掴んで離さないものだ。


もちろん選考委員の方々の書評もどれも的を得ている。
賛成意見にも反対意見にも思わず納得してしまった。

彼らの書評を読んだ後なので多少流された部分もあり、また作品の全てを理解しているわけではないけれど僕は面白い作品だと思った。


とても読みやすい40ページの中篇小説なので、未読の方は是非読んでみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おれもちょっと気になってたんだけどね。
読んでみようかな。
ちなみに、フレデリック・フォーサイスの『ジャッカルの日』は
本当にお勧めだから。
だまされたと思って読んでごらん。

No title

ジャッカルの日、ですね。了解です。騙されたと思って読んでみます。
乙女の密告はすぐ読めちゃうんでいいですよ~
プロフィール

ヨネ

Author:ヨネ
一年間アジア、アフリカ、中東、南米など30ヶ国で豪遊。世界一周。 写真展『アップルワールド~真実の眼~』開催。フィリピン、マニラにて生活中。shunsukeyone@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新サッカーニュース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。