スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り

多くの国では、宗教が中心となって人の生活が成り立っている。


生まれるときも、死ぬときも、生きているときも。




旅の間、自分の頭のノートにはない宗教というものついて考えて、考えて、考え抜いた。


けれど、結論はでなかった。考えれば考えるほどそれが何なのかわからなくなる。

でも、宗教について2つだけわかったことがある。



宗教は、彼らにとって太陽のようにそこにあるのが当たり前のもので、僕らの想像より遥かに大切なものであるっていうこと。

そして、人が祈りを捧げている姿は美しいということ。



どうしても、どれだけ想像してみても、彼らにとって宗教が、神がどういうものかっていうのは今もわからないや。





IMG_2860ww.jpg


『早朝の祈り』


ラリベラ、エチオピア。2009年、12月。

エチオピア正教の聖地ラリベラ。エチオピア中から巡礼者がラリベラを目指す。
キリスト教は、ここにもある。



IMG_2787のコピー



『親子巡礼』

ラリベラ、エチオピア。2009年、12月。

母は祈る。子は親の祈る姿を見る。



IMG_4153.jpg



『巡礼者の笑み』


ガンジス河、インド。2009年、7月。

ヒンドゥー教の巡礼者は聖地に向かって歩く。
裸足で、身一つ、何千キロの道を進む。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人にとっての宗教とか考えてみると面白いんじゃない??
ちょっと大学関連の宗教関連のバイトを年末年始にやったけどさ、普通に日本でも「金運ってどの御守りがいいんですか?」
って聞く人もいる訳だよね。
真面目に答えるなら、そういう物買う浪費癖を治すことから始める方が当たり前だよね。でも、普通に買う習慣が日本人にもあって、御守りだけじゃなくて、元旦のお参りとか墓参りとか普通に日本人は行くけども、よく考えれば時間、資金、労力etcかなり無駄遣いの産物だよね。
何か得する訳じゃない。
こんなこと言えば罰当たりなんて言われるよね。

日本人にとっては身近だけど、日本人以外の人間から見たら不思議に感じるんじゃないかな??
エチオピアとかインドと共通するかは分からないけど^^;

No title

こだわっていないように見えて、そういう宗教的なものに日本人はこだわっているよね。なぜだろう。
テロ君はその訳が想像できたりする?
プロフィール

ヨネ

Author:ヨネ
一年間アジア、アフリカ、中東、南米など30ヶ国で豪遊。世界一周。 写真展『アップルワールド~真実の眼~』開催。フィリピン、マニラにて生活中。shunsukeyone@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新サッカーニュース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。