スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民と国民

今回の普天間基地の問題でわかったのは、抑止力、アメリカ軍、日米同盟の重要性といったようなことではない。


僕たちがどれほど世界のこと、日本のこと、そして自分のことに向き合ってこなかったということだ。



戦後65年、後ろを向いて手を合わせ、ひたすら平和を唱え続けてきた平和念仏主義の日本。

平和を叫び、平和を語ることが、平和につながると考えてきた。

しかし、それは違う。平和に向けて何をすべきか、戦争を避けるにはどうするか。そういったことを考えていかなければいかない。そして、しっかりとした道を示す必要がある。

改憲だとか、護憲だとかを言っているのではない。

ちゃんと自分と向き合って生きていこうということだ。



フランス革命から220年以上が経った。


未だに僕たちは「市民」になれず、「国民」である。

それが、他の先進国と日本の違いであり、あらゆる問題の根幹に通ずるのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これ見るといいと思うよ。
http://www.youtube.com/watch?v=G2MQSDe9LgQ

No title

参考になりました!どんだけ考えても考えたりない問題ですね。
プロフィール

ヨネ

Author:ヨネ
一年間アジア、アフリカ、中東、南米など30ヶ国で豪遊。世界一周。 写真展『アップルワールド~真実の眼~』開催。フィリピン、マニラにて生活中。shunsukeyone@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新サッカーニュース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。