スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花畑の笑顔と銃弾

前回に引き続きNHKスペシャル。

先日、NHKスペシャルで『菜の花畑の笑顔と銃弾』という昨年アフガニスタンで殺害された伊藤和也さんの番組が放送された。

伊藤さんはNGOペシャワール会の一員として約5年間、アフガニスタンで農業支援を行っていた。アフガニスタンは元々農業国家であった。だが、度重なる戦乱や土地の干ばつによって以前のように緑豊かな大地ではなくなっていた。農業のできなくなった農家はゲリラとなり、それ以外の農家は痩せた大地でも栽培が可能なケシを栽培するようになった。そして、そのケシがゲリラやテロリストの懐をあたためることになっている。

伊藤さんらNGOはこの悪循環を根絶しようと用水路の建設と農作物の実験栽培を行った。用水路の完成によって草木一本なかった大地は菜の花畑となり、また多くの農家がサツマイモやブドウを栽培できるようになった。こうしてアフガニスタンの農家は自立し、再び緑豊かな国へと戻る大きな一歩を踏み出した。

このような中、伊藤さんは2008年、物盗りのよそ者によって殺された。

アフガニスタンが豊かな国になることを誰よりも望んだ伊藤さんが、無念にもお金を欲しいがっていただけのアフガニスタン人の手によって命を落としてしまった。

葬儀には伊藤さんが活動していた渓谷中からおよそ1000人もの人が集まった。伊藤さんを知る人は口々に、彼をHero of Japan Mr.Itoという。村の人誰もが彼に心から感謝していた。そして、伊藤さんが教えてくれたことを皆に伝え、この国を復興させようとしている。伊藤さんの魂は確実にこの地で生きている。伊藤さんの遺したものの大きさに圧倒された。

アメリカのオバマ大統領はアフガンへの派兵増大を発表した。アフガンとパキスタンの国境地帯は世界のテロリストの温床地帯といわれる。今アメリカがアフガンから撤退すれば勢いを増したタリバンが一気にアフガニスタン全土を掌握することも考えられる。そうすれば、アメリカがテロ攻撃を再び受けることは大いにありえる。よってアメリカがアフガンから撤退することはできないのだろう。しかし、多くのアフガニスタンの人々は戦乱によって傷ついている。また、多くの善良な外国人も。戦争が終わり、復興が進めばアフガニスタンは豊かな国になる。オバマ政権はタリバンとの対話の場を設けてみてはどうだろうか。このまま派兵を増やしてもゲリラ相手に絶対に勝つことなどできない。逆に憎しみの連鎖となりさらなる悲劇を引き起こすのは目に見えている。


最後に伊藤さんがペシャワール会に入る際に書いた志望動機書を載せます。

ワーカー(現地で働く人)志望の動機

 伊藤和也

 私がワーカーを志望した動機は、アフガニスタンに行き、私ができることをやりたい、そう思ったからです。 私が、アフガニスタンという国を知ったのは、2001年の9・11同時多発テロに対するアメリカの報復爆撃によってです。

 その時まで、周辺国であるパキスタンやイランといった国は知っているのに、アフガニスタンという国を全く知りませんでした。

 「アフガニスタンは、忘れさられた国である」

 この言葉は、私がペシャワール会を知る前から入会している「カレーズの会」の理事長であり、アフガニスタン人でもある医師のレシャード・カレッド先生が言われたことです。今ならうなずけます。

 私がなぜアフガニスタンに関心を持つようになったのか。

 それは、アフガニスタンの復興に関係するニュースが流れている時に見た農業支援という言葉からです。

 このこと以降、アフガニスタンに対しての興味を持ち、「風の学校」の設立者である中田正一先生の番組、偶然新聞で見つけたカレーズの会の活動、そして、カレーズの会の活動に参加している時に見せてもらったペシャワール会の会報とその活動をテーマにしたマンガ、それらを通して現地にいきたい気持ちが、強くなりました。 私は、関心がないことには、まったくと言っていいほど反応しない性格です。

 反応したとしても、すぐに、忘れてしまうか、流してしまいます。その反面、関心を持ったことはとことんやってみたい、やらなければ気がすまないといった面があり、今回は、後者です。

 私の現在の力量を判断すると、語学は、はっきりいってダメです。農業の分野に関しても、経験・知識ともに不足していることは否定できません。ただ私は、現地の人たちと一緒に成長していきたいと考えています。

 私が目指していること、アフガニスタンを本来あるべき緑豊かな国に、戻すことをお手伝いしたいということです。これは2年や3年で出来ることではありません。 子どもたちが将来、食料のことで困ることのない環境に少しでも近づけることができるよう、力になれればと考えています。

 甘い考えかもしれないし、行ったとしても現地の厳しい環境に耐えられるのかどうかもわかりません。

 しかし、現地に行かなければ、何も始まらない。

 そう考えて、今回、日本人ワーカーを希望しました。 2003・6・15
スポンサーサイト

沸騰都市

言わずもがなNHKのドキュメンタリーの質は非常に高い。

いつもNHKスペシャルを見るのが楽しみだ。

なかでも、この一ヶ月放送していた『沸騰都市』というシリーズはかなり面白かった。

昨年、世界経済に甚大な影響を与えた金融危機。
BRICsブームは終わり、急速な発展を遂げていた途上国も大きなダメージを受けた。

だが、そのなかでもいくつかの都市は燃えるような勢いで成長を続け、バブルを発生させている。
まるで都市そのものが沸騰しているかの如く。

半年前に放送された前半はドバイ、ロンドン、ダッカ、イスタンブール。
今回放送された後半はヨハネスブルク、サンパウロ、シンガポール、東京。

この中でも特にシンガポールが興味深かった。

シンガポールの一人当たりのGDPは日本を超えアジア一となっている。
シンガポールこそがアジア一豊かな国なのだ。

金融危機によって多くの国がダメージを受ける中、シンガポールはこれを絶好のチャンスだと捉えていた。シンガポールが目指すのはバイオ立国。科学や医療に長けた国づくりを掲げている。国内に研究都市を建設し、世界中が不況のため事業規模を縮小する中、好待遇で学者を引き抜いていく。
日本からも数人の研究者たちが引き抜かれていた。皆、共通してここでの待遇や施設を絶賛している。研究室の予算は無限に等しく、優秀な助手の下、自分の研究に好きなだけ没頭できる。
だが、ここは完全に成果主義の世界である。結果が出なければ即クビを切られる。
この競争社会こそがさらなる成果を発揮させている。

他方、建設業などの単純労働でも最先端産業と同じく外国人が働いている。彼らの多くはインド、バングラデシュなどの貧しい国の男たちだ。

だが、肉体労働を行う彼らはこの国にとって労働の調整弁に過ぎないようだ。金融危機後、建設計画の多くは白紙に戻され、建設は中止されている。そして、外国人労働者たちは容赦なくクビを切られている。

これを批判する外国メディアに対し、首相は「彼らは労働の調整弁に過ぎない。何が悪い。私はシンガポール国民によって選ばれた。私は国民の利益を優先する。」と一喝した。

僕はこの発言を危惧する。
確かに一国の首相が自国民の利益を優先させることは当然であり、義務でもある。だが、このご時世一国のトップが自分のことしか考えずに政治を行うことが許されるだろうか。グローバル化によって今後ますます国境を越えた労働の移動が起きるのは明白だ。事実、移民後進国日本でも介護のためのインドネシア人の移住労働が始まっている。

シンガポールのように自国の都合をシンガポールの発展のために来た外国人労働者に押し通すことを世界各国が行えばどういうことになるだろうか。

彼らの多くは、全財産をはたき、祖国に家族を残したまま出稼ぎにきている。しかし、来てみたものの仕事は全くなく帰国を余儀なくされる。財産を投げ打ってきた人は祖国で困窮極まりない生活をせざるを得ないだろう。さらに、父親の夫、親としての面目も丸つぶれだ。
実際、番組ではあるバングラデシュ人が仕事を得られず、3ヶ月で祖国へと帰国した。
マクロに考えると、貧富の差は確実に増大する。

世界各国がこのようなスタンスを貫けばこの問題が深刻なグローバルイシューとなることは目に見えている。国境が薄れつつある21世紀において、一国のトップが自国を超えた広い視野で物事を捉えるのは当然のことでなければならない。

旅の始まり

ブログ開設から一週間。

一日一回記事を書くと言っていたのに、あれ以来書いていない。
猛烈に反省している。

これから長い旅に出ようと思っている。
いつまで続くのかわからない旅に。

この春休みという期間はその旅の序章だ。
しかし、この2週間全く実践できず、無駄な日々を過ごしていた。
これではいけない。
このままでは、旅の本章までダメになってしまう。
目標を立てよう。
あくまでも達成できる簡単な目標を。

1、毎朝9時に起き、規則正しい生活をする。
2、バイト以外の時間は読書、英語の勉強に充てる

この二つは絶対に守ろう。

そして、旅を楽しもう。

ブログの動機

ブログを始めることにしました。


これには3つの理由があります。

1、考える習慣をつけるため。

考えることはとても重要です。人間はそもそも考える動物です。しかし、自分は昔から物事を考えるということを怠ってきました。与えられたものをこなし、それをただ継続していただけでした。大学に入ると少しは考えるようになったものの、それでもまだまだ考えていない、思います。そして、このようなことを考えれば考えるほど、その重要性に驚かされます。考えることによって、初めて自分はそこに存在するのです。


2、自分をつくるため

1にも繋がりますが、人は考えることによって感じたものを自分なりに解釈します。それによって自分の意見を持ちます。そして、多くのことを考えることによって、それぞれの物事に対する自分の考えを確立することができます。さらに文字にすることで考えを整理することができます。こうすることで、自分の主張や立場が見えてきます。自分を理解するために、考えることは不可欠なことです。


3、文章力

そのままです。文章力が欲しいからです。



一日一回を目標に書いていこうと思います。

宜しくお願いします。
プロフィール

ヨネ

Author:ヨネ
一年間アジア、アフリカ、中東、南米など30ヶ国で豪遊。世界一周。 写真展『アップルワールド~真実の眼~』開催。フィリピン、マニラにて生活中。shunsukeyone@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新サッカーニュース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。