スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校のパワー

DSC01956.jpg



先日、小金井市立前原小学校6年生84名の授業一コマを担当させてもらった。


現在前原小の校長をしているのは、僕の小学生のときの担任の先生。
小学校卒業以来、全く連絡を取っていなかったのだけれども、旅中12年ぶりに先生と連絡を取るようになり、帰国後に開催した写真展に足を運んでくださった。

その後、旅の体験を是非子供たちに伝えて欲しい、子供たちに他の国のことを知ってもらいたいと先生に依頼され、未熟ながらもできることがあるならばと、引き受けた。

「子供たちはすごくやさしくて良い子。ただ、ここ数年静かな子が増えるようになった」と話をする前に先生に言われた。

ホールに生徒が集まる。
自分が小学生の時どうだったか覚えていないが、みんなふざけないでしっかり整列する。おとなしいと思った。
アジアかアフリカだったら、騒いで走って収拾がつかない。笑

「よろしくおねがいします」

丁寧にあいさつされて、授業スタート。


かるーく自己紹介と旅の概要を説明する。

みんな僕の目をしっかり見て耳を傾けている。しかし、話していて少し不安になった。話はちゃんと通じているのかな。僕の声が彼らの体をすり抜けている気がした。


でもそんな心配は無用だった。

どっと笑いがおきた。(何個もネタ用意してた)


それからはタカが外れたのか、どんどんみんな前のめりになっていくのがわかった。
「一番楽しかった国はどこですか?」
「一番恐かったときはどこですか?」
「おいしかった料理はなんですか?」
「日本に帰って何を最初に食べましたか?」

質問タイムでは終了時間一杯まで手があがり続けた。


「おとなしい」と始めに感じた子供たちだったけれど、そのカラダの中には、はちきれんばかりの物凄いパワーがあった。そのパワーはアジアやアフリカにも負けない。いや、日本の子供が世界で一番パワーがあるんじゃないかと本気で感じた。みんなすごい。さいごは圧倒されるばかりだった。


だが、今回一番感じたのは、子供以上のパワーを先生たちが持っているということ。
新任の若い先生、中堅の先生、校長先生、それほど話はしていないけれど、皆さん輝いていた。

真っ直ぐであたたかい目をしていた。
やさしいオーラだった。
自分の生き方に誇りを持っていた。
傍から見ているだけで、子供たちのことを真剣に考えているのが伝わってきた。
かっこいいと思った。

自由で無限な子供たちのパワーと、それ以上の輝きを持つ先生たち。
学校ってすごい。

これから自分も何かの形で関わっていきたいと思った。


そんなわけで、学校で働かせてもらうことにした!


DSC01957.jpg
スポンサーサイト

レインボー

高校生のとき以来、バンドをまた始めた。

まーったり、とにかく己が音楽を楽しむということのみを行う。縛りや制約も特に設けない。


夕方スタジオに向かうとき、久しくエレキのサウンドから遠ざかっていたので、ギターが唸り声をあげる曲を聴くことにした。


I-Podから選んだのは、レインボー。

高校に入学してすぐの頃、アメリカンハードロックに傾倒していた。

エアロスミス、AC/DC、ディープパープル、ヴァンヘイレン、オジーオズボーン、レッドツェッペリン、イングウェイ、エクストリーム、、ホワイトスネイク、ブラックサバス、アイアンメイデン。

たくさんのバンドを聴いた中で、一番気に入ったのがレインボーだった。


ギターが音の押し売りを決してせずに、全体の調和を考えた構成。一曲一曲の完成度は高く、音は明快。
哀愁を漂わせるボーカルは、曲の魅力をダイレクトにぶつけてくる。

「Kill the King」や「I surrender」といった日本語に訳すと笑ってしまうようなダサい名前も、味があるように思えてかっこよかった。

この音楽は、同じギタリストであるリッチー・ブラックモアが所属していたディープパープルとは全く異なる。

両者を聞くと、どうしてレインボーがアメリカで不人気で日本で人気があるのかというのもよくわかる。


高校時代のハードロックブームもすぐに過ぎ去り、レインボーを聴いたのは数年ぶり。
久しぶりに聞いたレインボーはロックンロールと唸りをあげるギターを求めてやまなかった高校時代を思い出させてくれた。

再びこの玉手箱を開けるのはいつになるだろう。


http://www.youtube.com/watch?v=EJ29pVhsdMs


Rainbow_RagingGod.jpg

納得するということ

納得する、ということはこの言葉が表す意味以上に深い意味をもっている。


誰かに何かを言われて納得をするとき、僕たちはそれを頭で理解して、自分のものにする。

ああ、そういうわけか、と。これがまた気持ちの良い瞬間である。
自分の哲学が一つ増えたような、ちょっと賢くなったように感じる。

自分が今まで疑問に思っていたこと、自分が今まで思っていたことと正反対のこと。


この二つを納得させられたとき、それまで他のものに対して納得していた以上のものを得る。


自分の考えが今までとは完全に変わるような、そういう納得がある。

それは親しい人、尊敬する人からの言葉だったり、自分を取り囲む状況だったりがある。


納得しただけで自分の考えが変わることはみんな知ってると思う。

納得するだけなんだ。


そう、納得するということが全てなんだ。

例えば、人を殺していいのか?と聞かれれば、ダメだというだろう。


しかし、その根底には納得というものがある。

その人の人生を奪ってはいけないから、多くの人が悲しむから、殺すこと自体ダメだから。
いろいろあると思う。

でもそんなのはただそのことに僕たちがただ納得しているからに過ぎない。

他のものに納得したならそんな考えは一気に変わる。
人を殺して良くなる。

宗教がない場合は尚更。宗教も納得に過ぎないと思うけれど。


自分の家族が殺された、相手を殺さなきゃ自分が死ぬ、国のため・・・いろいろ納得できることはある。

どっかの国の大統領を殺さなきゃまた戦争が起きて多くの人が死ぬんだよ。
ずっと俺たちは、歯を食いしばってきた、でも何も変わらなかった、もう血でしか変わらない。

そんな風にして、納得したテロリストやゲリラといわれている人たちがどれだけいるだろう。


人間なんてすぐに変わっちまうんだ。
そんなもんなんだよ。

重要なのは、人間なんてそんなもんだと思うことだよ。
プロフィール

ヨネ

Author:ヨネ
一年間アジア、アフリカ、中東、南米など30ヶ国で豪遊。世界一周。 写真展『アップルワールド~真実の眼~』開催。フィリピン、マニラにて生活中。shunsukeyone@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新サッカーニュース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。